2014年10月14日

白馬三山縦走キャンプ

夏は午後の夕立があったり天気が安定しにくいけど、
秋は湿度も下がって遠くの景色もよく見えて天気も比較的安定するから山行には良いね!
そんな10月初旬のタイミングで南浦夫妻(高志&さやか)と令子で念願の白馬三山縦走キャンプに行って来ました〜!

PA082035.JPG
PA082041.JPG
PA082045.jpg
PA082054.JPG
PA082074.JPG
PA082077.JPG
PA082079.JPG
PA082091.JPG
PA082095.JPG
PA082096.JPG
PA082104.JPG
PA082112.JPG
PA082115.JPG
PA082113.JPG
PA082119.JPG
PA082121.JPG
DSC_2357.jpg
台風一過の秋晴れの中、衣食住を担いで早朝の出発。
荷物はそこそこ重いけど、良い景色、メンツで楽しく話しながら登るとグイグイ行けちゃう。
日本三大雪渓の大雪渓でアイゼンに履き替えて久々の雪上〜杓子岳が勇ましい!
山頂稜線あたりのラインが長野県と富山県の県境。
2932m白馬岳に登って、杓子岳&白馬鑓ヶ岳へ向かう。
台風が落として行った新雪を踏みしめて、2812m杓子岳登頂!
稜線歩きは雲海景色が素晴らしくて疲れも忘れちゃう〜日が傾いて来た頃、2903m鑓ヶ岳到着。
ここからテント場に向かう間のmagic hourがヤバかった〜令子は感極まって涙も...
西の方向には雲海、夕日、毛勝三山&剣岳の山並み
東の方向からは、淡い色の空と雲海の間から月が現れて雄叫びを上げる始末
右も左も刻一刻と変化して行く素敵な景色の中、歩き続けた。
今日は良く歩いた...テント場に着くと既に薄暗く急いでテントを立てて宴会の準備、偶然にも満月皆既月食&赤い月の夜で熱燗を呑みながら月の欠けて行くのを眺めながら夜は更けてゆきました!

PA092138.JPG
PA092165.JPG
PA092166.JPG
PA092169.jpg
PA092178.JPG
PA092196.JPG
PA092210.JPG
PA092215.jpg
PA092216.JPG
PA092230.jpgPA092232.jpg
PA092246.JPG
静かな朝、水平線がオレンジに染まり出したころ目覚めた。
太陽が水平線から飛び出すと、忽ち温かく力がみなぎる感じがする。
贅沢にもテントから鑓ヶ岳を眺めながら朝食の準備~メニューは昨晩と同じDOチキンカレー。
ちょっと行って来ると、向かいの山へ歩き出し瞑想してた高志氏。
ゆっくりと穏やかな朝を終え準備を整え歩き始める~今日も長い道のりの始まり。
クサリ場を慎重にドンドン下って行くと、山中のオアシスが現れた。
前から来てみたかった鑓温泉で足湯&ランチ&Beerタイム!
その後、紅葉を眺めながら休み休みゆっくり下ってゆとりの下山でした。


今回は前もって山に行く日にちを決めてたから、天気が微妙やったら無しかなと思っていたけど、
結果的には台風一過の秋晴れで雪渓、新雪、山頂、雲海、夕焼け、満月、皆既月食、赤い月、星空、朝日、高山植物、温泉と楽しませてくれました。
それも偶然にも2年前の五竜岳登頂の日と同日で、導きを感じちゃいました〜感謝。
自然はいつでも良い顔してくれる訳じゃ無いから、伺って寄り添って良いタイミングでお邪魔したいな!
今回は本当ラッキーでした〜高志くん&さやかちゃん&令子ありがとう〜!!


  






posted by HASSY at 07:36| 長野 ☁| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。